[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

ED勃起障害診察と経過

ED勃起障害診察と経過

漢方では、主に生殖能力の減退や老化を改善する処方を用いたり、精神的な要因を改善しぅる処方を用いたりして治療していきます。

〔ED勃起障害診察と経過〕

初診時は身長一七六cm、体重六二kgとやややせ型ではありましたが、栄養状 態は良好でした。自覚症状として、脱毛やフケが気になる、ものごとに驚きやすく、時に動俘もする、なんとなく憂鬱であるという症状がありました。

漢方医学的所見では、舌は淡白で、軽く湿つていて、薄く白い苔が見られました。脈はやや表面に近いところで触れ(浮)、力は弱く、脈拍数も一分間に 五四回とやや少なめでした。腹は、腹力は弱く (虚)、みぞおちからお臍の辺 りにかけて、大動脈の拍動がしつかりと触れました(腹部動悸)。また下腹部 の腹直筋もしつかりと触れていました。

以上の漢方医学的所見から、「桂枝加竜骨牡蠣湯」を処方しました。二週間 後には、初診時とは違い、疲れきつた感じはなく、少し笑顔が見られるように なつていました。しかし、まだ夫婦生活は満足できるほどにはうまくできてい ないとのことでした。

その後も漢方薬を服用し続け、一か月後にようやく朝勃起するようになり、それと同時に不眠も認められなくなり、亀頭の寒い感じも全く感じなくなつて いました。さらに夜の夫婦生活もうまくいくようになり、自分に自信が寺てる ようになつたと喜んでいました。

三か月後には、仕事もバリバリとこなせるようになり、いつのまにか脱毛や フケも気にならなくなりました。漢方薬をのんで体調が良くなつたため、今後 ものみ続けることを希望しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です