[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

ED勃起障害、原因に即した治療で改善

ED勃起障害、原因に即した治療で改善

ED勃起障害

原因に即した治療で改善

勃起は、神経系と血管系が正常に働くことにより起こります。それらに器質的な障害が起きることが勃起障害の主な原因と考えられています。すなわち糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病、薬剤の副作用、陰茎損傷等によりもたらされるものです。

その他機能的な障害として、性交に対する不安感、女性に対する恐怖心などの精神的な要因、ストレス等も原因となります。

西洋医学の一般的な治療では、まず勃起障害の原因をつきとめることが必要になります。器質的障害に対しては、そのおのおのの病態に対する治療が第一で、医師の管理が必要となります。機能性障害に対しては、カウンセリングを含めた精神療法が有効です。

漢方では、主に生殖能力の減退や老化を改善する処方を用いたり、精神的な要因を改善しぅる処方を用いたりして治療していきます。

〔勃起障害病歴〕

D•Hさんは三二歳の銀行員。主訴は勃起障害で、夫婦生活がうまくいかな

いとのことでした。某有名国立大学を卒業し、大手の銀行に入行。仕事も順調にこなしていたようです。二四歳で同僚の女性と結婚し、まさに順風満帆だったそうです。

しかし、三一歳のときに係長に昇進してから環境が一変しました。任される仕事の量が一気に増え、立場的に責任も重くなってきたため、ストレスを感じることが多くなり、ィラィラしたり、疲れやすい、夜十分眠れないなどの症状が次第にひどくなってきたそうです。

そのため仕事が終わって自宅に帰ったときには、肉体的にも精神的にも疲れきつていて、すぐに横になつてしまうことが多くなつていました。そんなある日、最近、朝の勃起がないことに気がつき、そういえば性欲も以前よりはなくなったと感じたそうです。また、「何となく亀頭の寒い感じ」を経験するようになたと言います。

まだ子どももいないため、そろそろ第一子が欲しいと希望しているものの、 夫婦生活を行おうとしても勃起せず、うまくいかない状況でした。泌尿器科にも一度受診したということですが、精神的なものが原因と言われたため有効な治療が見つからず、漢方治療を希望し当研究所を受診されました



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です