[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

音が聞こえるまでの複雑なプロセス

音が聞こえるまでの複雑なプロセス

世の中は様々な音で溢れています。車が行き交う音、人々の話し声、小鳥のさえずりなど、わざわざ耳を澄まさずとも、音は自然と耳に入れってくるものです。そして、絶え間なく耳に入ってくる音によって人間は周囲の様子を判別したり、時には声のトーンから人の機嫌を伺うこともあります。人の話を熱心に聴くことを「耳を傾ける」とか「傾聴する」と表現するように、日常生活を送る上で、耳はとても大切な役割を果たす器官なのです。これから様々な耳のトラブルとその治療法を紹介していきますが、まずは耳の構造と音が聞こえるメカニズムについて学んでいきましょう。

耳の構造と音が聞こえるメカニズム

耳は大きく分けて、三つの部分から成り立っています。耳の最も外側にあるのが、耳介と外耳道からなる「外耳」です。私たちが一般的に耳と呼んでいる部分が耳介、耳から鼓膜まで続いている、所謂耳の穴に該当するのが外耳道です。また、鼓膜、中耳腔、耳小骨、耳管の総称を「中耳」といい、そして最奥に位置するのが「内耳」です。蝸牛、前庭、三半規管(前 後 外の三つの半規管)構成される内耳は主に聴覚や平衡感覚をつかさどっています。
ところで、私たちはどのようにして音を聞くことができるのでしょうか。物体が振動すると物体周りにある空気が押し出され、音波になって空気中を移動します。この音波を集める役割を果たしているのが前述した耳介です。
耳介に入った音波は外耳道を通って今度は中耳の鼓膜、つち骨、鐙骨へ伝わり、内耳にあるの渦巻き型をした器官、蝸牛に到達。蝸牛の中はリンパ液で満たされており。音波によってリンパ液波立つと。リンパ液内の有毛細胞に振動が伝わります。最終的に有毛細胞の毛が揺れることで脳に信号が送られ、ここで初めて音を認識できるのです。
このように、音が聞こえるまでのメカニズムは相当に複雑で、かつたくさんの器官が関わっています。そしていずれかの器官に何か少しでも異常があれば、耳のトラブルが起きてしまうのです。
そんなトラブルの中でも特に多いのが、耳鳴り、難聴、目眩。常に耳障りな音がすればストレスがたまりますし、音が聞こえにくい、あるいは全く聞こえない難聴の症状がある人は、日常生活に障害を来します。めまいに見舞われると、動けなくなってしまうことも珍しくありません。そんな状態で道を歩けば周囲の危険を察知することができず、危険な目に遭う可能性も高まります。たかが耳のトラブルと高をくくらず、しつかり治しましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です