[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

認知症-漢方で進行を遅らせることが可能

認知症▼漢方で進行を遅らせることが可能

認知症とは、正常であつた脳の知的な機能が、後天的ないろいろな病気によって持続的に低下した状態のことです。もの忘れが病的にひどくなります。たとえば、さっき食べた食事の内容や,自分の子どもの顔や名前を忘れてしまいます。自分がどこにいるのか、何時なのか、食べ物の区別もつかなくなり、徘徊これらの症状はアルツハィマー病や脳血管障害などが原因で起こつてくるこ とが多く見られます。アルツハィマー病は脳内の神経伝達物質の減少や、神経細胞の萎縮が起こることによる異常です。

また、脳血管障害による認知症は、加齢によつて小さな脳血管の障害が多発 し、脳の血行が途絶えたことによって起こります。

漢方では初期の認知症に効果的な場合があり、進行を遅らせることもありま す。また、幻覚、妄想、神経過敏、不眠などの改善や軽減の可能性があります。

〔認知症病歴〕

七三歳の女性。夫を亡くし、子ども夫婦と同居しているK.Nさんは、三年 前から同じことを何度も繰り返し言うようになつてきました。また、自分で財布を別のところに置いたのも忘れて、「お財布がない。誰かに盗まれた」と言

い、他人のせいにするよ、っになつてきました。夫が亡くなつたのに、そのこと も忘れてしまうような状況でした。

ぁまりにももの忘れがひどくなってきたため、近くの病院で%尺1など頭部の検査をしてもらいました。結果、アルツハィマー病と診断され、抗認知症薬である塩酸ドネぺシルが処力されました。しかし、.寝つきも悪く、夜中に起きて家の中を徘徊するようになってきたため、睡眠薬や抗精神病薬も一緒に処方されました。一か月近くのみ続けてみましたが、あまり効果はなく、かえつて体がフラフラにふらつくよ、っになつてきたため、漢方薬での治療を希望して受 診となりました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です