[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

西洋薬と漢方薬の違い、そしてどんな症状に効果があるの?

西洋薬と漢方薬の違い、そしてどんな症状に効果があるの?

西洋薬と漢方薬の違い

薬の考え方も、西洋医学と漢方医学では違っています。

西洋薬は、一部の例外を除いて、化学構造のわかっているいわゆる化学薬品を用います。天然物を精製させてほぼ純粋な薬物をつくり出しています天然物も用いてはいますが’成分を抽出して合成しているので、効き目が明確で強く、単一の臓器について一定の薬理作用をもたらします。即効性はありますが、その分、副作用も強いといぅ特徴があります。

一方、漢方医学では、煎じ薬やカプセル、顆粒の漢方薬がありますが、どれも天然の生薬を何種類か組み合わせることでできています。多成分系薬理作用と言いますが、複数の成分が相互作用されて体全体に調和的に働きかけます。漢方薬は古来の膨大な使用経験を参考に用いることが基本ですから、副作用が少ないというのも特徴の一つです。

どんな症状に効果があるの?

西洋医学は、急性の激しい症状や外科手術を必要とするよぅな状態を改善するには適していますが、「冷え性」といつた西洋医学では病気としての概念の ないものや、「疲れやすい」「凝り」「倦怠感」など不定愁訴と呼ばれる体の不調には漢方医学が適していると言えます。慢性疾患で長期の治療を必要とする人や、複数の病気のため薬の種類が多くなる患者さんにとつては、漢方医学が 特に効果を発揮すると考えられます。

西洋薬は治験から承認まで三〜五年以上かかるのが一般的ですが、漢方薬は二000年以上前から無数の処方がつくられては淘汰され、すぐれた処方だけが残されてきました。約二〇〇〇年の臨床治験を行つてきたとも言えるでしょう。

単一成分の薬が多い西洋薬に比べて、漢方薬は複合剤であるので成分は非常に多く、相反する成分が一緒に配合されているものさえあります。漢方薬の薬理作用は極めて複雑、多彩で多方面にわたるため、効果を科学的に解明するの は非常に難しいとされています。

漢方薬は使われている生薬によつて、「辛い」「甘い」 「酸っぱい」といつた味と独特のにおいがあります。漢方では、こうした生薬の味やにおいにも何らかの効果があると考えられています。

最初は抵抗があった味やにおいも、慣れてくればおいしい、いいにおいたと感じられるようになることも多いので、服用するときはできるだけ味わつてのむようにするといつそう効果的です。特に、においについてはアロマテラビーとしての効聚があるものもあり、できるだけ嗅ぐようにするのが望ましいとされています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です