[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学と東洋医学の違い

西洋医学と東洋医学の違い

本来、東洋医学と西洋医学は地理的区分による区別なのですが、現在日本で朿洋医学というと、漢方医学と鍼灸医学を指します。

では漢方医学は西洋医学(現代医学)とどう違うのでしようか。

西洋医学では心と体を分けて考え、体を臓器や皮膚といつた”細かい部品” の集合体と考えます。病気になつたとき、体のどの”部品”に障害が起こつて いるか、検査をして原因究明することが重要視されています。

そして、その障害の起こつた”部品”を改善したり、取り除こうとするの力 治療の基本です。ですから、がんに対する外科治療のように障害のある部位を取り除いたり、細菌に対する抗生物質のように病染に直接働きかける治燎が行われます。診療科も内科、外科、呼吸器科、消化器科、循環器科、泌尿器科などと細分化されています。こうした医学では科学性、客観性が重視されるので
患者の生の声ょりも検査結果が重要視されます。体と心とを分けて考えるので、心の症状は心療内科や精神科など專門の医師に任せることが多いのです。一方、漢方方医学では西洋医学のょぅに心と体を分けません。、心と本は一体であるとする慨念を”心身一如”と表現しています。人の体金体を改善することが、問題のある個所を改善することだと考えます。 そのため、一つの器官を重視するのではなく、全体の調和を図ることで部分も改善することを目指しているのです。

つまり、体のパランスを整え、自然治癒力を高めることを基本として治療を行ぅのです。そのため、「四診」といって「望」(視覚による診察)、「問」(聴覚、,嗅覚による診察)、「問」(患者の訴えを聞く診察)、 「切」(触覚による診察)を行い、心を含めた体全体の病態や体質を挺ぇて「証」”(後述)として診断するのです。。漢方は〃個の医学”と言われ、個人の体質•特徴を重視します。でですから 西洋医学のように検査結果を重視するのではなく、患者の生の声を大切にします。西洋医学では確立された治療法に従つてある程度、画一的に治療を行おう としますが、漢方では、同じような症状であつても「才1ダーメード(テーラ丨メードごによつて個人それぞれに合つた個別の薬を処方するのです。なお、西洋医学と東洋医学の違いを前ぺージの表にまとめました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です