[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

自律神経失調症▼他の精神疾患や心身症にも注意が必要

自律神経失調症▼他の精神疾患や心身症にも注意が必要
自律神経失調症は、全身倦怠感、めまい、頭痛、頭重感、胸部圧迫感などさまざまな自律神経に関係した愁訴があるのが特徴ですが、原因となる器質的病変が認められない病態とされ、日本国内でのみ用いられている病名です若い女性や中高年女性の更年期(更年期障害)などに多く見られます。このような多岐にわたる症状から「不定愁訴」とか「不定愁訴症候群」と言ぅこともあります。自律神経失調症には器質的な自律神経障害はありませんが、交感神経や副交感神経などの不安定さやパランス異常が関与していると考えられています。

またそれらの症状は心理的•精神的要素やストレスなどにも影響されやすい特徴があります。そこで自律神経機能異常はあるが心理的要因が明らかでない体質的なタイプ(本態性型)、自律神経機能異常があり心理的要因が関与するタイプ(心身型)、精神的愁訴があるが自律神経機能異常を認めないタイブ(神経症型)などに分ける考えもあります。しかし自律神経失調症の問題点として、心身症やうつ病、神経症、統合失調症など他の精神疾患などに見られる身体症状を自律神経失調症と間違われたり、原因のわからない愁訴に対し、「不定愁訴」と同様、一時待避的に安易に用いられたりする傾向があるので、病名に振り回されないよう注意が必要です。

また自律神経失調症とは特定の器官に固定せず、まだ病気として完成していない状態と言えますが、これは漢方で言う「未病」(未だ病まざる)の病態に相当するものです。西洋医学的な検査で異常がなくても、漢方医学的診断で異常所見を認める場合がよくあります。そうした意味でも自律神経失調症は漢方治療の適応となるものが多い病態と言えます。漢方では自律神経失調症を気血水でいう瘀血「血虚」「気逆」「水毒」などに関連して起こると考え、駆瘀血剤、気剤、利水剤などを中心とした処方で治療が行われます。

〔診察と経過〕

初診時の症状では他に便秘とのぼせがあり、漢方啲診察では、舌は紅色で薄白苔がつき、脈は沈み、腹は軽度の「胸脇苦満」と臍傍(おへその両脇)と左鼠径部に圧痛が見られました。漢方診断で、これはストレスの影?|や漢方で言う、瘀血所見と判断し自律神経失調症や更年期障害などでよく用いられる「加味逍遙散」といぅ漢方薬を処方しました。

すると二週間後には腹部膨満やィラィラが減り、そのまま服用を続けたところ、一か月後には耳鳴りを除き全症状が軽快して、かなり日常生活や仕事も楽になったとのことです。現在でも、漢方部をのまないでいると調子が惡くなるため、体調維持のためにもときどき漢方薬をのみながら症状をぅまくコントロ丨ルしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です