[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

腰痛症の三つ症状

腰痛症の三つ症状

腰痛症▼自発痛’体動痛’姿勢痛の三つがある

一般的に心臓や肝臓を一度患えば、人はそのことを深く心に刻み、その後は生活に気を付けます。しかし腰痛の場合は、痛みがとれればそれで忘れてしま い、不用意な動作を繰り返して再発します。

腰痛予防には、腰を捻らない、中腰にならない、前屈みで物を持たない、腰を使ぅ運動は避ける等の注意が必要です。悪い姿勢は腰痛症の一番の原因となります。一般的に腰痛を引き起こす原因は、直接的には環境因子や外傷ですが、漢方では根本的に「腎」と密接に関係していると捉えます。

腰痛は自発痛、体動痛、姿勢痛に分けられます。自発痛では惡性腿瘍や感染性疾患による場合が要注意です。静かにしていてもズキズキと痛むときは、感染性の疾患や他臓器からの関連痛が考えられます。

体動痛は急性腰痛で初期の場合によく見られます。急に起きあがったり、立ち上がったり、腰を捻つたり。前屈、後屈の体励時に痛みを訴える、いわゆるギックリ腰は、ちよつとした動作で激痛を起こします。身動きできなくなることが繰り返し起こる埸合には椎間板ヘルニアの可能性もあります。

姿勢痛は、同じ姿勢をしばらくとつていると、徐々に痛みが強くなるものです。前屈みなど不自然な姿勢で仕事を続けると、こぅした腰痛の原因になります。肥満が誘因となる場合もあります。

腰痛の誘因.原因は、整形外科的疾出r内臓疾患からの関連痛、さらに心因性のものとがあり、それらの腰痛には西洋医学的な精査、原因治療が必要ですが、何らかの理由で西洋医学的な治療が十分にできない場合や、西洋医学的治療が無効のものとか、腰痛の原因がハツキリしないものとかに対しては漢方治療が期待されます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です