[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

肩凝り-ストレスの強い人、神経質な人がなりやすい

肩凝り-ストレスの強い人、神経質な人がなりやすい

肩凝り-ストレスの強い人、神経質な人がなりやすい

一般に肩凝りと言えば多くの場合、特に原因となる器質的な疾患はなく、精神的なストレスや長時間同じ姿勢で仕事や編み物などをしたときに肩や背中が 強ばつたり痛くなることを指します。ひどくなると、重苦しくいやな感じ、時に吐き気などがします。

現代医学的に肩凝りの原因は多様で、これほど間口の広いものはありません。特にこれといつた原因のない単純な肩屬りから、高血圧症、心筋梗塞、自律神経失調症、更年期障害、眼精疲労、顎関節症、歯槽膿漏、頸椎捻挫、頸部脊椎症、内蔵疾患からの放散などにょるものまでさまざまです。原因がはつきりした場合にはその病気を治瘵することも大切ですが、これらに伴う肩凝りは漢方治療で軽くなる例も多いのです。

漢方では肩凝りは何らかの自律神経系のアンバランスが関係していると考えます。精神的なストレスや長時問にわたつて不自然な姿勢をとり続けることな どで肩の周りの、僧帽筋、三角筋、肩甲挙筋など二〇以上の筋肉が緊張し、そ

の結果、局所の静脈血に鬱対(いゎゅる瘀血)が起こります。静脈は体の老棄物を運搬して運びだす働きがあり、これがうまくいかないと、乳酸などの老廃物が筋肉の中にたまつて神経を刺激するため、筋肉に凝りや痛みが生じます。

中年女性の身体の不調の代名詞になつている更年期障害でも、頭痛、のぼせ、めまいなどとともに肩凝りは代衣的な症状です。瘀血、血の道などを原因と考えて、こうした肩凝りに対して漢方薬は時に著しい効來を発揮します。

肩凝りになりやすいタィプは、姿勢の悪い人、精神的なストレスの強い人、神経質な上、心配性な人、体形的には背中を丸めた猫背の人、首が肩にめり込 むょうな猪首の人、肩の周りの筋肉の発達の惡い人、太りすぎの人、やせすぎの人などです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です