[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

痔進行すると手術が必要

痔の種類には、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔ろう(あな痔)、脱肛などがあります。肛門周辺の静脈の血行が悪くなつて腫れる痔核が最も多く見られます。裂肛は肛門の粘膜が切れて裂傷になったもので’排便時に激痛がありま す。痔ろうは肛門に細菌性の炎症が起こり、膜がたまるもので肛門周辺に膿の通り道ができます。脱肛は、直腸拈膜が肛門外に脱出して戻らなくなった状態を 指します。

西洋医学では、痔は座薬や軟などで症状や炎症を抑えることができますが、進行して排便時や長時間座つているとき苦痛が強いなど日常生活に支障が出る よぅになると、外科手術が必要になる場合があります。

予防は便秘’下痢にならないよぅにすること、適度な運励、肛門を淸潔にしておくことなどです。

澳方では、肛門部の血行不良が原因となる痔核は瘀血と見なされます。脱肛は骨盤の筋肉の緊張が弱いために起こりますが、|かんぼう的には気虚の兆候と考えます。

ケーススタディ
〔病歴〕

痔で悩んでいるw•Kさんは五四歳の主婦。もともとさまざまな心気症的訴えがあり、漢方治療を受けていました。それ以前から痔核も持っており、ときどき排便時の痛みや肛門部のかゆみを感じていました。

〔診察と経過〕

中肉中背で、漢方的には特記すべき所見はありませんでしたので、痔の代表的な漢方処方の一つである「乙字湯」を処方しました。すると、とたんに便通が良くなり肛門部のかゆみがなくなりました。その後、一年以上にわたり服用を続けていますが、痔に伴ぅ痛みなどの症状が起きる頻度は格段に減ったということです。乙字湯には、炎症をとる柴胡、黄芩や局所の血行を改善する当帰、便通を良くする大黄、脱肛に良い升麻などの生薬からなっており、痔の諸症状を総合的に治す配慮がなされています。

〔病歴〕

五七歳で会社役員をしているj.0さん(男性)は、長年にわたって痔を患ってきました。排便時痛や出血をきたすことがあり、仕事にも支障があるほどでした。時には肛門部に炎症を起こして抗生物質による治疲が必要になることもあり体質的なところから治したしということで来院しました。

〔診察と経過〕

体型はがっちり型で、お服が張って力がある感じです。肛門部に炎症が見られるため’同じ痔に用いられる澳方処方でも、乙字湯に比べると炎症を抑える効果の強い「大黄牡丹皮湯」を処方することにしました。

もともと便が硬くて出にくく、それが痒の原因ともなったのですが、二〜三か月の服用で改善されました。尿の出もよくなり、痔に伴う痛みや出血は落ち着いたようです。体簠もニキロ減り、本人は思わぬ効果に喜んでいました。大黄牡丹皮湯は、昔は「腸癰Jと呼ばれる腹部の炎症(虫垂炎に相当するものが 多い)によく用いられました。腹部の血行を良くしたり、炎症に伴うむくみをとったりといった作用もあり、痔の症状改善を早めます。 (及川哲郎)
ケーススタディ

〔病歴〕

痔で悩んでいるw•Kさんは五四歳の主婦。もともとさまざまな心気症的訴えがあり、漢方治療を受けていました。それ以前から痔核も持っており、ときどき排便時の痛みや肛門部のかゆみを感じていました。

〔診察と経過〕

中肉中背で、漢方的には特記すべき所見はありませんでしたので、痔の代表的な漢方処方の一つである「乙字湯」を処方しました。すると、とたんに便通が良くなり肛門部のかゆみがなくなりました。その後、一年以上にわたり服用を続けていますが、痔に伴ぅ痛みなどの症状が起きる頻度は格段に減ったということです。乙字湯には、炎症をとる柴胡、黄芩や局所の血行を改善する当帰、便通を良くする大黄、脱肛に良い升麻などの生薬からなっており、痔の諸症状を総合的に治す配慮がなされています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です