[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

煎じ薬のつくり方

煎じ薬のつくり方

♦煎じ薬のつくり方

では次に煎じ薬のつくり方についてです。

まず、用意するものは煎じるための容器です。鉄鍋や銅鍋は生薬の成分を変質させることがあるので、土瓶がベストです。しかし、ひび割れすることがありますので、心配ならば耐熱ガラス製ケトル、ステンレスやアルミ製の小鍋にすると良いでしょぅ。最近ではコーヒーメーヵー型の自動煎じ器も販売されています。

これらの容器に漢方薬と水を入れて煮立たせます。このときの漢方薬の分量と水の量は、医師や薬剤師の指示を守って必ず適切な量にします。一回につくる量は、通常は一日にのむ量(=コップ三杯分)にします。
火加減は必ず弱火にします。そうしないと成分が十分抽出されません。元の半分の量になるぐらいまで、だいたい四〇〜六〇分ほど煮詰めていきます。

煮詰まつてきたらガラス容器にガーゼをかぶせてこします。一回分ごとに小分けし、残つたら冷蔵庫で保存します。

煎じ薬ののみ方には、温かいうちに服用する温服と、冷ましてから服用する冷服があります。いつたん冷えてしまつたら電子レンジなどで温めてのみます。もう一度火にかけて温めると、漢方薬の成分が変質することがあるので、水分が飛んで蒸詰まらないょうに注意しましょう



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です