[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

煎じ薬とエキス剤について

煎じ薬とエキス剤について

♦煎じ薬とエキス剤について

こうした生薬を用いた漢方薬の形態には大きく分けて’煎じ薬とエキス剤があり、煎じ薬が全体の七割を占めます。煎じ薬は漢方薬をお湯で煎じて服用します。煎じ薬と言われているもののうち一般的なものには「湯」の字が使われていますが、これを「湯剤」と言います。

「湯剤」は、生薬を煎じてスープ状にしたものを言います。日本の味噌汁がダシの素材や味噌の種類によって風味や味わいが出るように、「湯」も煎じることによってそれぞれの薬効が効果的に抽出され、服用すると吸収が早いというのが特徴です。ほかに、「方」や「飲」という澳方の処方名がついているもの がありますが、これも「湯」と同じものと考えて良いでしよう。

体への吸収が良いため他ののみ方に比べて効果的ではありますが、煎じあがるまでに手問がかかるのが欠点です。

「エキス剤」は近年になって普及が進んでいるもので、生薬を煎じた液を濃縮.涑結.乾燥させ(フリーズドラィ)、粉末状や顆粒、カプセル剤などにしたものです。煎じ薬とエキス剤ではどちらが服用に適しているかというと、簡便さからはエキス剤ですが’煎じ薬のほうがより高い効果を得られることは間違いないところです。

♦煎じ薬とエキス剤の違い

煎じ薬とエキス剤の長所短所を比べると、次のよぅになります。

•煎じ薬

長所丨生薬そのものをお湯で煮出してのむ薬なので、生薬の量を加減したり、他の生薬を加えるなどして、その患者だけの処方をつくることができます。す でにお湯に溶けているので、体内に吸収されるのも早く、即効性が期待できますまた、生薬を煮出すときに出るにおいで、アロマテラビーの効果を得ることができるものもあります。

短所—煎じる時間や水の量などが適していないと、漢方本来の効果が得られなかつたり、必要以上の成分が溶け出すことがあります。煎じるのにヤヵンと火元が必要で、煎じるのに四〇〜六〇分と時間がかかります。ただ、今はタィマ丨で自動的に煎じあがる自動煎じ器が普及しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です