[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

漢方薬を処方してもらうにはどこにいけばいいの?

漢方薬を処方してもらうにはどこにいけばいいの?

ここまで読み進めてきて、「そんなにいいものなら私も漢方薬を試してみようかな」と思った方もいらっしゃるでしょう。では漢方を始めてみたいと思ったときにはどうすればいいのでしょうか?

漢方薬の処方

漢方薬を処方してもらうには、大きく分けて二通りのやり方があります。一つは医療機関で保険診療を行った上で処方してもらう方法。例えば、「ツムラの21番」という形で投薬してもらうことになります。前述したように、現在すべての医療機関が漢方薬を取り入れているわけではないのですが、七割ぐらいの医療機関が利用していますから、通常の病院診療所で漢方薬を処方してもらえます。これを医療用漢方製剤(全一四八処方)といいます。

漢方相談

もう一つは、漢方薬局に行って「漢方相談」をした上で処方してもらう方法です。「漢方相談」は腹診など本格的な漢方の診察をするわけではなく、薬剤師が患者さん(お客さん)とのカウンター超しの口類のやりとりだけで処方を決めています。これを「オーバーザカウンター(OTC)」での処方といいます。漢方薬局でのOTCでは製薬による煎じ薬の処方もあれば、エキス剤による漢方処方も行われます。この場合、健康保険は適用されません。
その他、通常のドラッグストアで処方箋なしに買える漢方薬がありますが、これも健康保険が適用されません。こうした漢方薬は医療用に比べて成分の含む量を抑えてあります。質が悪いというわけではなく、厚生労働省の指示のもと安全性を考えてそうしてあるのです。
漢方薬ではありませんが、たとえば胃酸の出過ぎをコントロールする胃腸薬「ガスター」も医療用は成分量が20ミリグラムなのですが、ドラッグストアで取り扱われているものでは10ミリグラムに減らしています。だから「ガスター10」という名称がついているわけです。
ドラッグストアなどで購入できる漢方薬は一般用漢方製剤といいます。一般用漢方製剤は厚生労働省がこれまで210の処方を公認していましたが、2005年度から新たに八三の処方が加えられました。

漢方薬局と病院の選択

ここで「じゃあ、どんなときに病院に行って、どんなときに漢方薬局に行けばいいの?」という疑問が当然沸き起こってくると思います。
基本的には、病気の予防をしたい、あるいは体調を整えたいというときは漢方薬局で相談し、症状がつけらければ病院を訪れると言い方もできます。しかし、患者さん本人は重病と思ってなくても医師の管理の下で治療されるべき状態であることもあります。
あえて言うとすれば次のように言えます。初めて漢方薬をのもうという方で、自分のちょっとした体調不良とか病気予防のために飲む場合は、近くの漢方薬局か漢方に詳しい薬局に行くと良いでしょう。会社の健康診断などで医療機関にかかることを進められている方の場合は、必ず医療機関を受診し、漢方薬を処方箋してもらってください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です