[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

漢方薬の服用期間

漢方薬の服用期間

漢方薬には即効性がないといぅィメージをお持ちの方も多いと思いますが、そんなことはありません。のんですぐに改善が見られる場合もあれば、煎じ薬のにおいを嗅いだだけでも喘息が良くなったという例もあります。

漢方薬の服用期間

しかし、通常は少なくとも二週問は服用し続けないと効果は得られにくいものと考えてください。薬によっては四週間ほどの服用期問が必要なこともあり ます。なぜなら、配合された生薬や病気の症状によって効き目が現れる期間が異なるからです。

たとえば「葛根湯」は、服用してから一〇分もすれば体が温まってくるほど即効性がありますが、体の冷えを根本から改善して維持していくには少なくとも数日から一o日ほどの期間を必要とします。

逆に、一か月〜二か月たっても症状が改善されない場合は、「証」の判断が間違つていたり、処方が合つていなかつたりすることがあります。そうした場 合は担当の医師に相談しましょう。また、服用を始めて症状が強まつたり、逆の症状が出てきたときもすぐに相談しましょう。

症状が改善されてきたら三回の服用を二回に、二回の服用を一回にするという具合に、医師は徐々にその量を減らすように指導します。

成人の場合は体質が出来上がつてしまつていますから、一定期間漢方を服用したからといつて劇的に症状が改善されるわけではありませんし、症状の元となつている生活習慣を改めないかぎり、症状がぶり返すことが多いのですですから、成人の場合は、量は減らしても長くのみ続けることで体質が改善された状態を維持できるようにします。

慢性疾患を漢方で治療していく場合は、一定期間服用すると症状が軽快していくのが普通です。その際、軽快しただけなのに「治つた」と自分で判断を下すのは冏違いです。症状が鹱くなるということは「証」が変化したということですから、その「証」に合つた®方に変えなければなりません。その際は医師の指示に従つてください。

症状が軽くなつたからといつて決して自分の判断で服用をやめたり、量を減らすことのないようにしてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です