[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

漢方薬ののみ方

漢方薬ののみ方

漢方薬は西洋薬と比べても極めて安全性は高いのですが、薬である以上、正しい方法でのむことが必要であることは言うまでもありません。

漢方薬ののみ方

まず、服用する時間です。西洋薬は食後にのむのが良いとされていますが、漢方薬は食前または食間の空腹時にのむのが基本です。食前とは食事の三〇分以上前のこと。食間とは食事中ではなく、食事と食事の間のことで、食後およそ二時間後が目安です。

漢方薬の成分の多くは腸内細菌によって吸収されやすい形に変えられ食前や食間などの空腹時のほうが成分はすみやかに腸内に届くので、効果が発揮されやすくなるのです。

のみ忘れたときは前にのんでから四時間空ければのむことができますので 次の食間まで待つ必要はありません。のみ忘れたからといつて、二回分を一気にのむのはよくありません。毎日のむ時間を決めておくと良いでしょう。

エキス剤は水か白湯でのむようにします。冷水は胃を刺激してしまうのでおすすめできません。また、お茶やコーヒー、スポーツ飲料などと一緒にのむと胃の中で反応して薬効成分が変化したり、減少したりするのでやはりおすすめできません。

服用後に、お茶やコーヒー、淸涼飲料水の類を摂るのは30分の間隔を空けるほうが望ましいと言えます。また、西洋薬も併用してのまなければならないときは、漢方薬の服用後一時冏は空けてから服用してください。

漢方薬は、のみ続けていくと効果が現れ、症状が改善されていきますが改善されたからといつて独自の判断で服用をストップさせるのはよくありません。服用を急に中止すると症状がぶり返すことがあるからです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です