[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

漢方薬と民間薬は何が違うの?

漢方薬と民間薬は何が違うの?

♦漢方薬と民間薬は何が違うの?

ハーブやアロエ、ドクダミなど、健康に良いとされているものの、薬として認定されていない植物や成分がたくさんあります。これらの民問薬と呼ばれるものの多くは、昔から高価な薬の代替品として使用されてきた経緯があります。

しかし、漢方薬と民間薬には大きな違いがあります。その一つは、漢方薬は数種類の生薬を組み合わせて用いられますが、民問薬は一つの動植物からできているということです。

また、民問薬は、通常は医師からの診断を受けないまま症状に対して用いられるものであり、安価で、一種類から簡単に使うことができます。昔力ら民間 に伝承されていた薬草の類がそうです。漢方薬の場合は、原則•基準に従って 配合され、用量も規定されていますが、民間薬はどのくらいの量を、どのよう に、どれくらいの期間、服用すればいいのかが曖昧で、その点においては地域差もかなりあります。体系化されていないので、統一見解がないのです。

しかも民間薬は、薬という言葉がついてはいても、医学界で認められた薬という意味ではないので健康保険は適用されません。漢方薬は医学界で認められた薬であり、そのため健康保険も適用されるということなのです。

民問薬と漢方薬の併用もおすすめできません。たとえばハトムギは民間薬ですが、よくいという生薬として漢方薬で使われます。黄柏も「お百草」など民間薬として使われますが、漢方薬の素材でもあります。これらは相互作用する可能性があるのでやはり併用はおすすめできません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です