[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

副作用ではない「瞑眩

副作用ではない「瞑眩

♦副作用ではない「瞑眩」

副作用ではありませんが、漢方には西洋薬をのんだときの副作用と同じような「瞑眩」という現象が起こることがあります。漢方薬の服用し始めのときに、人によつて一時的に具合が悪くなることがあるのです。

瞑眩は漢方薬を服用後、二〜三日から一週間の間に症状が惡化したり、それまでなかつたような症状が出たりします。具体的には「頭痛、腹痛、下痢、嘔吐、めまい、浮腫、じんましん、鼻出血、子宮出血」などです。

これらの瞑眩の現象は、薬の効き始めに出るもので、その人に合つている処方であつても起こることがあります。瞑眩が起こつてもそのまま服用を続ければ症状は改善されるのですが、一次的に症状が惡化するため、患者さんが知らなければ副作用と断じてしまうかもしれません。瞑眩は漢方薬が患者さんの自己治癒力をゆり動かしている時におこる現象です。副作用との区別が難しいの でこうした現象が起こつたときは医師に相談しましょう。

とはいえ、瞑眩と副作用は同じものではありませんから、見分け方がありま す。瞑眩は現象が現れるまでが副作用ょりもずつと早く、副作用と比べて症状 が激しいのです。

しかし、症状が長く絞くょうであれば副作用である可能性があります。症状が出たときに自己判断するのは難しいので、今までになかつたょうな症状が出てきたときにはやはり担当の医師に相談するのが良いでしょう。

医師に瞑眩と言われたら服用を中止しないで続けるほうが良いのですが、どうしても苦痛でしかたがないというときは服用量を半分くらいにして続けるょうにするのが一般的です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です