[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

二日酔い吐き気や頭痛など症状によった漢方薬を

二日酔い吐き気や頭痛など症状によった漢方薬を

二日酔い 吐き気や頭痛など症状によった漢方薬を
前日の飲酒の量が多すぎ、翌日の朝になっても酔いが覚めない状態、あるいは吐き気、頭痛、嘔吐などの不快感が残るのが二日酔い(宿酔)の症状です。

アルコールが肝臓で分解される過程で、アセトアルデヒドといぅ一種の毒物が生じます。気持ち惡くなったりするのは、このアセトアルデヒドの作用によるものです。

二日酔いにならないよぅにするには、まず許容量以上のアルコールを摂らないことと、十分な睡眠をとることです。十分な睡眠をとればアセトアルデヒドは体内で分解されて翌朝にはすっきり起床できるはずです。起きてからは十分な水分補給と栄養補給をすることで症状の回復を早めます。西洋医学では、急性胃炎の場合は、鎮吐剤、制酸剤などが使われます。

漢方では、吐き気や頭痛、脱水症状やむくみの有無によって処方が使い分けられます。

〔病歴〕

RTさんは本来あまりお酒に強くなく、ビールコップ1杯で顔が赤くなり、つきあいで少し飲みすぎるとすぐに酔つてしまい、翌朝は喉の渴きや頭痛など二日酔いに悩まされることが多いそぅです。わいんの魅力にとりつかれて、試飲会などに参加するのですが、二日酢いが不安で楽しめません。

〔診察と経過〕

初診時は、身得170cmで体重七四kgとちょっと太めです。血圧ーニ六|八〇mm/Hg。お腹の硬さは中裎度です。舌は縁に歯形がついて白い苔が少しあり、脈は浮いている状態でした。

喉の渴き、頭痛、吐き気によく使われる「五れいさん」を、つきあいや試飲会で飲む前と後に服用するようにして、お酒の許容量に気をつけ、十分な水分と睡眠をとるよぅに指導しました。すると、服用したその日から尿量が増え、しだいに舌の縁の歯形が目立たなくなり、酔いが早くさめて、朝もすっきりと気分良く起きられるようになりました。「これで試飲会も気兼ねなく参加できる」と喜んでいました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です