[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

アレルギー性鼻炎、花粉症を改善して根本治療

アレルギー性鼻炎、花粉症▼体質を改善して根本治療

アレルギー性鼻炎.花粉症は近年堝ぇてきていて、特に春先にはスギ花粉によって起こるくしゃみ、你水、目のかゆみなどに悩まされている人を多く見かけます。

これらの症状は、花粉やハウスダストなどに対して、アレルギー体質の人が過剩反応してしまうために起こるものです。アレルギーの原因となつているアレルゲンを特定してなるべく接触しないようにすることも大切ですが、アレルギー反応を起こす生体側の過敏体質を治さない限り本質的な解決はできません西洋薬では、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などが使用されることが多いのですが、対症療法でしかなく、眠気などの副作用もあることから、漢方薬に注目が集まるようになつてきました。

漢方の場合は、アレルギーという考え方はなく、典水が多量に出る「水毒」、のぼせる「気逆」といつた証で判定していきます。漢方治療には、症状を抑え るための「標治法」と、体質改善を図る「本治法」とがあり、必要に合わせて

<ルギー性鼻炎、花粉症の病歴>
N.Mさんは二七歳の女性で、仕事は事務段です。デスクヮークで一日中座っていることが多く、冷え症がひどく、手足はいつも冷えていました。

そんなN•Mさんは二〇歳くらいのころから花粉症を発症。春先になるとくしゃみと鼻水が出て仕事に集中できなくなるほどでした。初めに市販の鼻炎薬を服用してみたところ、軽快したのでしばらく様子を見ていましたが、それもだんだん効かなくなつてきました。そのため二三歳のときに耳鼻科を受診すると、スギ花粉症と診断されました。

耳鼻科では抗アレルギー剤の内服薬と点鼻薬が処方されましたが、抗アレルギー剤の副作用で眠気が強く出るようになり、仕事に支障をきたすためにいったん中止し、点鼻薬だけを使うようにしました。

しかし、これも最初のうちは•鼻水が少なくなつたのですが、しだいに効かなくなつてきました。それどころか鼻づまりも見られるようになりました。そのためこれらの薬の使用をやめ、甜茶などの民間療法をいろいろと試していまし たが、あまり効果が出ませんでした。さらに目のかゆみや喉の痛み、かゆみも感じられるようになつたため、当漢方外来を受診しました。

〔診察と経過〕

身長一五八cm、体重四二kg、やせ型で、顔色は青白く、血圧も九六丨五四mm/Hgとかなり低血圧で、脈は弱めでした。

冷えが強い虚証の花粉症と判定したため、その場合によく使われる「麻黄附子細しんとう」を処方しました。N.Mさんは胃腸があまり丈夫ではなかったので食後に服用してもらうようにしましたが、とくに問題なく服用できました。

そうしたところ、一服で体が温かくなり、^水が止まって*が£るようになったとのことです。服用を続けて二〜三日目には喉の痛みも蛭くなりました。 あまりにも早く効果が現れたので即効性に笟いたそうですが、通常はもう少し 時問がかかるかもしれません。

しかし、目のかゆみに関しては半分程度しか改茜しなかったので、眼科で点眼薬を紹方してもらい、日常生活にはほとんど支障がないほどまでに改善されました。また、花粉症の症状が良くなった後も漢方の服薬を続けていたところ、

冷え性も蛭くなったということです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です