[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

うつ病に伴う身体症状や抗うつ剤の併用薬として

これといった理由もなく、気分が落ち込み、ある程度時間が経ってもその落ち込みが回復せずに継続する状態をうつ病と言います。何事にも否定的、悲観的なものの捉え方をする傾向の強い人に出ます。生真面目で几帳面、過度に良心的で、完璧主義や凝り性な人が多く、そのため思考に柔軟性がなく感情を表に出せず、ささいなことでも一人で悩み込んでしまいます。

初期の段階では、強い疲労感、不眠、食欲不振などが続きます。症状が進行すると、自分の存在自体を否定し、自殺を企図することもあります。うつ病は子どもから高齢者まで見られる病気ですが、子どもや高齢者のうつ病は精神症状より身体症状が目立つため、見逃されやすい傾向があります。

また男性では仕事やストレスに関速して中高年に多くに見られ、女性では月経周期、産褥期、更牢期などに閲速したうつ病があります。本来は休養、西洋薬による薬物治療が甚本です。治療を続けて三〜六か月ぐらいで回復に向かうことが多い疾患ですが、再発を繰り返すこともあります。しかし治療により必ず良くなる病気ですので、早く気付き、治療を開始することが大切です。

漢方ではうつは「気鬱」「気滞」「肝気鬱結」などに関速して起こるとされています。そのため気剤や駆痕血剤などを中心とした処方が行われます。特に「肝気鬱結」型では「胸脇苦満」という特徴的な腹証が診られ、柴胡という生薬を含む処方(柴胡剤)が多くおいられます。

漢方治療としては比較的軽度の抑うつ症状やうつに伴う身体症状に対して用いられる場合が多いのですが、いわゆる「大うつ病」といった高度のうつ病では、漢方薬単独で用いることは少なく、抗うつ剤などの西洋薬と併用して用いたり、また西洋薬の副作用軽減のために併用したりして用いられることがあります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です