[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

いつまでのみ続ければいいの?

いつまでのみ続ければいいの?

多くの場合、漢方薬をのみ始めてから二〜四週間でなんらかの変化が現れる ようになるため、この期間中にまつたく変化がなかつたら、同じ処方を半年、一年と続けることはありません。

惡化した場合はもちろんですが、四週間以上たっても何も変化が見られない ときには担当の医師に相談の上、漢方薬をのむのをやめるか、のむ薬を替える ことが必要になつてきます。

症状が改善されない

「症状が改善されない」という場合には二つの状況が考えられます。実際に症 状が変わつていない場合と、実際には改善されているのに本人が改善されない と思いこんでいる場合です。

「症状が改善されていない」と感じる原因は、これまでの西洋薬と同じように漢方を捉えているということが考えられます。

漢方薬が効果を発揮する、冷え症や肩凝り、頭痛などの「不定愁訴」は西洋 医学では病気と認識しません。これらの症状は患者さんの感覚的なものも大き いからです。冷えや肩凝りからきている頭痛に悩んでいる患者さんの場合、漢方薬をのみ続けた結果、「頭痛は良くならないが、冷え症と肩凝りはいくぶん良くなつた」ということがあります。このような場合は、その処方が患者さんに合つていると考えられるので、頭痛が治らないからといつてすぐに服用を中止する必要はないといぅことなのです。

このように、客観的に見れば回復傾向にあるのに本人が良くならないと感じているケースが多く見られるので、症状が変化したかどうかを見極めるために、漢方薬を服用する前の症状を記録しておくことが大切です。逆に、重要な疾患があるわけではないけれど、体調を維持するために漢方薬をのんでいたというよな場合には、十分に体調が良くなつたと感じることができれば、漢方薬の服用をやめても良いと言えるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です