[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

あとビー性皮膚炎-まずはアレルゲンの特定

あとビー性皮膚炎  まずはアレルゲンの特定

ダニや食品などをアレルゲン(アレルギーの原因物質)とする皮膚炎で、遺伝的素因が関与し、気管支喘息や鼻炎などを持つアレルギー体質の人によく見 られます。「増悪と緩解を繰り返す、かゆみのある湿疹を主病変とする疾患」で、皮膚が乾燥してバリア機能が低下し、内外の刺激に皮膚が過剩反応した結果、いろいろな皮疹(発疹)を生じます。

乳幼児は顔や頭皮の湿潤した湿疹で始まることが多く、体や膝.肘の内側な ど全身に乾燥性の湿疹が拡大、思春期から成人期にかけては広い範囲で皮商がかさついてたいせん化したり、ときに紅斑や湿澗した湿疹なども見られます。乳幼児期のものは思春期までに治ることもありますが、不規則な食亊、睡眠不足や精神的ストレスにょっても増惡しますので、大人になってから再発する人もいますo

アレルゲンを特定し生活から除去することが望ましいのですが、完全な除去 が困雖なことも多く、症状の増惡因子となる生活週間の改善も重要です。西洋

医学的治療では、免疫を調節する作用のあるステロイド剤.タクロリムス、非ステロイド系消炎剤の外用が中心ですが、ワセリン、尿素軟管へパリン類似物質含有製剤などの保湿薬も重要です。抗ヒスタミン剤の内服を併用することもあります。ステロイドで劇的に症状が改善しても、薬に対して耐性ができると初めほどの効果がなくなったり、突然やめるとリバウンドで急激に症状が増惡したりするので、自己判断せず皮膚科と相談しながら慎重に外用薬を選択•使用すべきです。

漢方治療では年齢、体力、皮疹の特徴などを診て処方を選択し、体質を改善 させて皮膚バリアの強化に寄与する処方を行います。軽症なら徐々にステロイドを減蛩、中止できる場合もあります。重症なら無理せず、初めは外用薬と併用することも可能で、諦めずにある程度の期冏服用していくことが重要です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です