[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

「漢方」は日本で発展した!

「漢方」は日本で発展した!

「漢方」という言葉のそもそもの意味ですが、この名称は日本で行われている「中国系伝統医学」に対して付けられた日本独特の呼び名であり、現在の中国系の伝統医学(中医学)を示す言葉ではありません。

中国との交流が盛んになる六世紀ごろから中国の医学も日本に伝来してきました。九八四年には中国医学の引用を内容とした「医心方」が丹波康頼によって著されました。これが現存最古とされている日本の漢方医学書です。

漢方の歴史

その後日本では、十八世紀になると西洋医学が入ってくるのですが、この時はオランダ医学が主流で、蘭学蘭方と呼ばれました。そして、その蘭学と区別するために、それまで主流出会った日本の伝統医学を「漢方」と呼ぶようになったというわけです。ですから、中国医学を基準に日本において発展したものを「漢方」と呼ぶのであって、中国には「漢方」は存在しません。

十九世紀に入ってから漢方は次第に衰退していき、西洋医学中心になっていきました。特に一八八三年(明治一六年)に医師国家試験の内容が西洋医学となったことによって、日本では「医学=西洋医学」となってしまいました。

そのため、普段私たちが医者にかかる場合、診断や検査の方法、治療においても基本的には西洋医学の医療を受けているはずです。もちろん、漢方が完全に廃絶してしまったわけではなく、その技術は連綿ト伝えられてきており、現在では特に効果が見直されている傾向にあります。

一九七六年(昭和五一年)には、多くの漢方製剤(主にエキス剤)に健康保険が適用されるようになり、現在では、日本の医師の約七割が治療に漢方薬を処方しているとういう状況です。日本での漢方薬の消費量も年年増加しており、中国からの漢方薬の輸出の八割は日本向けになっているほどです。

「漢方医学」と「漢方薬」という言葉がよく使われますが、これはコンピュータにおけるハードとソフトのようなもので、漢方医学はソフト、漢方薬はハードであるといえるでしょう。

漢方は、漢方医学の考え方を元に、漢方薬を使って体を治していくというものなのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です