[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

カテゴリー

最近の投稿

[漢方]は、頭痛、肩こり、便秘といった日常的な症状から、勃起障害更に糖尿病にまで効果あり!

♦現在の漢方医学の役割

♦現在の漢方医学の役割

日本は一九世紀から西洋の技術を取り入れて飛躍的に近代国家として成長しましたが、医療の世界も同じで、日本の医療は西洋医学を学ぶことで大きく発展してきました。第二次世界大戦後には抗生物質も普及して、結核や梅毒、ベストなどの伝染病が激減しましたし、他にもさまざまなワクチンや新薬が開発され、多くの命が救われました。

しかしその一方で、糖尿病や高脂血症など生活習惯病と言われる慢性病が増加してきました。さらに’社会生活におけるストレスの増大に伴い、心身症、ストレス病を抱える人が急速に増加しました。また、さまざまなアレルギー症状を訴える人が増えているのも事実です。

にもかかわらず、これらの「生活習惯病•ストレス病-アレルギー症」は、西洋医学の治療では十分に改善が見られないことが多くあります。効果的な治 療法.治療薬がないケースや、薬を服用しても副作用に悩まされたり、薬をやめるとすぐに再発するようなケースが目立つようになつてきたのです。

そのため日本では三o年ほど前から西洋•医学の現場でも漢方が積極的に用いられるようになつてきました。欧米でも漢方への注目度が年々増してきており、 エィズやアルツハィマー病などの難治病に応用するようになつてきました。まさに漢方は「古くて新しい」治療法と言うことができるでしよう。

こうした難治病や「生活習慣病•ストレス病•アレルギー症」などの現代病は今後も増加することが考えられますから、漢方が果たす役割は一層高まると思われます。西洋医学で改善できない症状は漢方で補い、漢方で改善できない症状は西洋医学で補うといつた、相互補完閲係となることで、患者さんのQO L (Quality oflife :生命の質)を高めることができるのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です